旅行先で眠れない悩み!原因と7つの解決法でゆっくり安眠

  • 2019年8月26日
  • 2019年8月26日
  • 旅行
  • 195View
  • 0件

「せっかく旅行にきたのに・・・夜眠れない・・。」

「明日も楽しみたいのに・・・どうしよ・・・・。」

旅行先で眠れないのって悩みますよね?

 

旅行先では、楽しみたいので、ぐっすりと眠りたいですよね。

今回は、旅行先での眠れない原因と改善方法を紹介していますので、参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

旅行先で眠れない2つの原因とは?

旅行を大いに満喫して、ホテルについて一段落!よし、寝ようとしたら「寝れない・・・。」

という経験がありませんか?

寝たとしても、眠りが浅く起きてしまうなど、残念な結果になりますが、ここでその寝付けないという2つの原因を紹介していきますね。

緊張による自律神経の乱れ

これは「脳の緊張状態」になっています。旅行そのものは楽しいのですが、いつもと違う環境にいますので、交感神経が優位の状態になっています。

要するに、脳が休まっていない状態だと考えてください。

ですので、眠る条件は「副交感神経をいかに優位にするか」にかかっています。副交感神経を優位にすることは、うつ病対策にもなりますので、できるだけ、リラックスできるような工夫が必要になってきます。

体内時計の乱れ

こちらは、特に海外旅行に多い問題です。日頃、私たちは、朝に起きて、昼に活動し、夜に就寝します。

このような流れが一般的な生活習慣になっているのに、海外に行けば、時差があり、体内時計が狂ってしまいます。その結果、眠れなくなるて、睡眠不足になってしまいがちになってしまいます。

少しずつ体内時計と調整を自分でしていくしかないですね。

スポンサードリンク

旅行先で眠れないときの7つの解決法とは?

「眠れない!」とつぶやいてイライラしていませんか?

眠れないことは非常に辛いです。旅行で楽しみ、それなりに疲れて夜はぐっすり眠りたいですよね?

そこで、あなたがぐっすりと眠れるように、旅行先での7つの解決法をご紹介しています。

お風呂に入る

お風呂は一日の汚れと心の汚れを取り、リラックスさせてくれます。

私的アドバイスですが、お風呂に入っているときに、湯船の中で、ふくらはぎや太もも、また、腕などをマッサージすると気持ちが良く、固くなった筋肉もほぐれていきます。

お風呂で体をほぐして、眠れる状態に整えていきましょう。

眠る前にスマホを触らない

眠気をさそうホルモンに、「メラトニン」がありますが、寝る前にスマホの明かりで、ホルモンバランスを乱してしまい、眠れなくなってしまいます。

就寝2時間前には、スマホで、SNSやラインチェックなどの行為はやめましょう。

寝る前にストレッチする

自律神経のバランスをよくするために、寝る前に、ストレッチをして、血行を良くしていきましょう。

副交感神経を優位にするために、体をストレッチでほぐして、リラックスさせましょう。体が休まれば、心も休まり、結果的に寝ることができます。

室内を涼しくする

室内の温度を調整しましょう。室内の温度が暑いと、寝苦しくなったりしますので眠れない原因になります。

いつも家で眠っているときと同じ温度調整をすることで、ゆっくりと眠りやすくなります。

カフェインを避ける

コーヒーなどのカフェインが入っているものを飲んで寝ると、寝付けないことがあります。

そんなときは、カモミールティーを夜に飲むことをオススメします。

このお茶は、、不眠や不安に効くとされていて、抗炎症・抗菌交感も期待できます。こちらも、化学に実証例はありませんが、試してみる期待は大きいでしょう。

一方、カフェイン以上に飲むことがNGなもの「アルコール」です。アルコールは「胸焼けや消化不良の原因」となり、睡眠の妨げとなりますので気をつけてください。

アルコールは寝付きが良いこともありますが、眠りが浅く、途中に起きてしまい、良質な睡眠をとることは厳しくなります。

早めに眠る準備をする

早めに眠る準備をしましょう。ついつい寝る前にテレビを見てしまうことがありますが、オススメできません。

『ジャーナル・オブ・クリニカル・スリープ・メディシン』誌に掲載された研究にもありますが(若者対象)、「テレビを見続けた若者」と「そうでない若者」とで実験した結果、「前者の98%が睡眠の質を悪化した」という結果が出ました。

また、不眠症はもちろん、翌日の倦怠感を感じた人もいたということで、

早めの就寝が必要ですので、寝る前のテレビは控えたほうがいいですね。

前もってマグネシウムが豊富なものを食べる

不眠症改善方法として、「マグネシウムを摂ること」が有効です。

ただ、研究結論としての確証は出ていませんので、可能性としてみてください。しかし、、マグネシウムのサプリメントを飲ませた実験で、被験者の総睡眠時間の変動はありませんでしたが、「不眠症重症度質問票」(睡眠の質、深刻度、成人の日常生活への影響などで測る指標)の得点が良かったことが分かっています。

さらに、入眠潜時(眠りにつくまでの所要時間)、睡眠効率、早朝覚醒なども良くなったことも分かっています。また、「ストレスホルモン」である、コルチゾールはミネラルを摂ることで、改善できることも分かっています。

ですので、水などのミネラルが入ったものを口にしていくといいでしょう。

マグネシウムが不眠症に100%効くという確信はまだですが、可能性はあります。マグネシウムの入っている食べ物は、「ほうれんそう、かぼちゃの種、ピーナッツ、ブラックビーンズ、玄米、キヌアやアーモンドなど」です。

不眠で悩んでいるのであれば、試してみてください。

スポンサードリンク

まとめ

眠れないときは、ストレッチしたり、カフェインを控えるなど、できるところから改善してみましょう。

また、寝る前のスマホいじりは避けたほうがいいと思いますので、寝る前には、リラックスを意識して、眠ってみましょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!