デートに行きたくない時!好きではない相手を上手に断る4つの方法

  • 2019年8月10日
  • 2019年8月10日
  • 恋愛
  • 147View
  • 0件

デートに誘われたけど・・・

「好きではない相手だから、デートに行きたくないな~」

と、悩んでいませんか?

 

今回は、好きではない相手とのデートが成り行きで決まってしまい、デートに行きたくないそんな時のために上手に断る方法をご紹介します!

 

スポンサードリンク

デートに行きたくない時!相手別の対応方法

デートと一口に言っても、全てが嬉しい楽しいデートとは限りません。

好きではない人とのデートが決まり、行きたくないな、億劫だなと思っているそこのあなた。デートに行きたくない時には上手に断りを入れましょう。少しでもお互いが嫌な思いをしないように・・・

まずは、デートが予定されている相手別に対応方法をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

真面目な男性の場合

真面目な男性の場合は、誠意を前面に押し出して断りましょう。

真面目な男性だから、あなたに喜んでもらおうといろいろな計画を立てているかもしれません。もしくは、レストランなどの予約を取っているかもしれません。

真面目な男性の場合は、誠意をもって事前にキャンセルを伝えましょう。

あなたに、ドタキャンをして困らせたいという思いはないはずです。気分が乗らないな、行きたくないなと思った時に断りの連絡を入れましょう。

オラオラ系の肉食男子の場合

オラオラ系の肉食男性の場合は、強い意志をもって断りましょう。

肉食男性の場合は、断っても断ってもめげずに誘い続けてくる場合があります。

ちょっとでも行ってもいいかなと思う場合は、行くもよし。しかし、この先一度も行きたくないなと思うのであれば、強い意志をもって断り続けましょう。

ドタキャンをしても次の予定をこぎつけてきます。しかし、何度も何度も断ることで相手にもあなたの思いが伝わると思います。

どんな風に誘われても自分の意志を強くもって断るようにしましょう。

今後のためにもキープしておきたい場合

今はデートには行きたくないけれど、少し気になる存在で、今後のためにもキープしたい男性の場合は、今回は丁重にお断りをしましょう。

しかし、次のデートがあるように感じさせることが必要です。

他の相手の場合とは異なり、自分にも気になる感情がある場合は、一度デートに行ってみるのも一つの手段です。

デートに行ってみて、そこで相手のことを判断するのもいいでしょう。

一度はお断りをしても、それでも気になるようならば今度は自分から連絡をしてデートを計画するのもいいですね!

今後のためのキープの男性に対する対応が一番難しいものです。相手の思い・感じ方を想像しながら、自分の言動に注意していきましょう。

自分の中で相手の受け止め方をちょっと考えるだけで、一つ一つの行動が変わっていきます。

外見の好みではないがスペックに惹かれる場合

すぐに断ることができなかった、外見が好みではないけれどもその男性のスペックに惹かれる男性の場合は、丁重に断りましょう。

もしくは、気分が乗らないことは重々承知ですが、自分を奮い立たせ、一度だけでいいのでデートに行ってみましょう!

外見の好みももちろん重要です。しかし、スペックがよくあなた思いの優しい男性だったら、お付き合いする男性として候補にいれてみてはいかがでしょう。

一度デートに出かけてみると案外外見うんぬんは気にならない相手かもしれませんよ。

そんな男性をデートもしないでお断りするのは、勿体ないことです。

今回は、気分が乗らなかったり都合がつかなかったりしてデートができない場合でも、一度はぜひデートに出かけてみてください。彼の意外な一面も見えてくるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

デート日の直前で上手に断る方法とは?

少し憂鬱なデートですがいい機会だと思いデートを予定していたけれど、直前になって、やっぱりデートに行きたくないなと感じたときそんな時にも上手に断る方法がいくつかあります。

ただし、何度も使えるというものばかりではないので、ここぞという時に使うようにしましょう!

体調不良

デートの前日、もしくは直前に利用できる口実です。

何度も使ってしまうと、嘘だとばれたり、男性を含めこれからの人付き合いに響いたりしてしまうのでお気を付けください。

先程、デート直前にも利用できるとはいいましたが、可能であれば前日までに連絡を入れることが優しさだと思います。

考えてみてください。男性は一生懸命あなたのことを誘い、やっとの思いでデートの約束ができました。

どんな風に過ごそうか考え、食事などの予約も入れているかもしれません。また、この日のために洋服を新調したり、床屋や美容院に行ったりしているかもしれません。

あなたに置き換えてみてください。楽しみで仕方ないデートを直前の直前で断られると辛いです。前日までには連絡をするように心がけてください。

体調不良の場合は、ちょっと前でも

 

「最近のどの調子が悪くて、○○日なんだけど久しぶりのお休みで、ちょっと休みたいと思って・・・前から約束してたのにごめんなさい。」

など

 

伝え方によっては、仕方がないなと思ってもらえます。

当日にもちろん体調不良になることはありますが、前日までに連絡できるといいですね。

身内の不幸

数日前からデート直前まで利用できる口実です。

しかし、近しい関係の相手に使うと嘘だと気づかれてしまう場合があるので気をつけましょう。また、何度もこの口実は使えません。

この口実は嘘でもあまりいいものではないので、使ってほしくはない口実です。でも、どうしてもデートに行きたくないときには利用できます。

身内の不幸には、複数の注意点があります。自分との関係はどうなのか、お通ややお葬式などの日程はどうか、そのあともずっと嘘をつき続けなければなりません。嘘をつくときにも気を付けてください。

急な仕事

デートの前日、もしくは直前に利用できる口実です。

付き合っていない場合、仕事といわれたら「仕方ないな」と思えます。

男性にとっても仕事というのは大切なものです。急に入ってしまったのなら仕方ない。自分にもそのようなことがあるかもしれないと考えやすいです。困ったときには、急な仕事を口実にしましょう。

口実の内容としては、急に上司から私に仕事がふられた、急に同僚が体調を崩し、代わりに出勤になることになった、トラブルが起きたので、その対応を急がないといけない。いくつかの内容を挙げることができます。

立場に合わせてぜひ利用してください。ただ、トラブルが起きたと言ってしまった場合、後にトラブルについて聞かれるかもしれません。あらかじめ、具体的に考えておくといいでしょう。

日にちを勘違い

連絡の取り方によって、数日前からデート直前まで利用できる口実です。

どんな日にちの勘違いかによって、嘘だなと心証を悪くさせてしまうことがあります。気を付けてください。もう過ぎてしまったかと思った、は辞めておきましょう。

 

あれ、来週じゃなかったっけ?

明日だったかな?来週だと思ってた。

〇日だと勘違いしてた。

 

以上のような口実がありますね。この場合、その約束はドタキャンできても勘違いしていた日が次回の約束予定に挙がることがあります。ご注意ください。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分の意志とは関係なしに決まってしまったデート。行きたくないデートの時は、上手に断ることが重要です。

あなたが悪者になる必要はありません。あくまで相手が少しでも気分を害さないようにぜひ以上のような方法をとってみてください!

そして、次は自分の気になる相手とのデートに漕ぎつけましょう!今後、恋愛に発展するかは、あなた次第です。

最新情報をチェックしよう!