豆腐の5つの効果効能が凄い!美肌になる食べ方でキレイになる

  • 2019年9月28日
  • 2019年9月28日
  • 食べ物
  • 135View
  • 0件

「豆腐って、体に良い聞くけど、どんな効果効能があるの?」

「豆腐って、美肌になるって聞いたけど、本当なの?」

そんな、疑問をもっている、あなたの為に!

今回は、豆腐の魅力について紹介していきます。

 

あきな
身近にある豆腐の存在って凄いんですよ!豆腐の効果効能について、詳しくご紹介しますね♪

 

 

スポンサードリンク

豆腐の効果効能が凄い5つの理由とは?

豆腐には、たくさんの栄養素が含まれており、女性に嬉しい美肌効果も期待できる食品です。

では、豆腐の効果効能が凄い理由について5つ、ご紹介していきますね。

たんぱく質が豊富

豆腐の効果効能が凄い理由1つ目が、タンパク質が豊富なことです。

タンパク質の効能は、大きく3つ!

 

1.体を作る

2.免疫を高める

3.高血圧予防

 

臓器、筋肉、髪の毛、爪などを作るためにはたんぱく質が必要になります。また、たんぱく質は、血管を強くしますので、「脳出血予防」にもなります。

たんぱく質を摂取することで、グリコーゲンの作用で、美肌効果も期待できます。次に、免疫UPについてですが、たんぱく質は、体を守るために、外からのウイルスを防ぐ働きがあります。

豆腐を食べるとタンパク質が豊富なので、体の中の抗体が外からの異物を取り除くことができ、結果的に免疫力が高くなります。

 

サポニン

豆腐の効果効能が凄い理由2つ目が、サポニンです。

サポニンの効能は4つあります。

 

1.コレステロール値を低下

まず、「コレステロール値を低下」させるという効果があります。

血液の中に悪玉菌が増殖してしまえば、コレステロールが増えてきます。また、血液がどろどろになり、酸化状態になれば、酸素や栄養が、体を満たせないことになります。その結果、「動脈硬化」という危険な病気になる可能性も出てくるわけです。

豆腐を食べることによって、そのリスクを軽減することができます。

 

2.免疫力を高める

次の効能は、「免疫力を高める」ということです。

サポニンには、NK細胞の活性化させる働きがあります。この働きが、免疫機能に大切なもので、結果的に、外からのウイルスに負けない体を作りをしてくれます。免疫力が上がることで風邪も引きにくくなります。

 

3.肝機能を高める

次に「肝機能を高める」効果を発揮します。

サポニンは、過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。過酸化脂質の生成は、「老化や動脈硬化」につながる原因となっています。

中性脂肪やコレステロールが肝臓にたまり、酸化(活性酸素により)されていくと、過酸化脂質になってしまいます。これが、増加していくと、肝機能の働きが悪くなってしまいます。

ですので、サポニンで肝機能を高める必要があります。

 

4.肥満予防

最後に、「肥満予防」の効果です。

これは、脂肪の蓄積を抑え、吸収も抑えててくる作用があるので肥満を防止することができます。

具体的には、腸内でブドウ糖と脂肪が合わさらないように働かせ、脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。

 

イソフラボン

豆腐の効果効能が凄い理由3つ目が、イソフラボンです。

イソフラボン効果は、2つです。

 

1.更年期障害の緩和

まずは、「更年期障害の緩和」になります。

イソフラボンは、女性ホルモンに似ているという特徴があります。ですので、更年期障害の方、その予防に役立つとされています。

更年期障害は、女性ホルモンが少ない状態になりますので、イソフラボンは摂取する必要があります。

 

2.美肌効果

次に「美肌効果」です。

エストロゲンは、キレイで美しい肌や女性のらしい体を作ります。しかし、生活習慣が乱れたり、加齢の場合には、このエストロゲンが少なくなってきます。

その結果、肌の若さがなくなり、弾力もなくなってきます(コラーゲンが減る)。

また、ヒアルロン酸(肌の潤いに必要な成分)の生成も低下し、しわや肌のたるみが気になってきます。

ですので、女性らしい美しい肌や体を手に入れたいのであれば、豆腐を食べることが大切です。

 

ビタミンE

豆腐の効果効能が凄い理由4つ目が、ビタミンEです。

4つの効果があります。

 

1.老化防止

まず「老化防止」です。

ビタミンEは酸化を防ぐ成分で、「若返りのビタミン」といわれています。ですので、ビタミンEを摂取することで、老化を防止します。

40歳を過ぎると、過酸化脂質が増えてきて、老化になります。これは、細胞が酸化されること原因になります。

なので、ビタミンEを摂取することで、抗酸化作用効果を発揮し、細胞の酸化を防いでくれます。

 

2.血流改善効果

次に「血流改善効果」になります。

血液が汚くドロドロの状態を防止することができます。

これは、ビタミンは過酸化脂質の分解する働きがあるためです。さらに、「肩こりや冷え性」の改善や予防にも効果を発揮します。

 

3.生活習慣病予防、改善

続いての効果は、「生活習慣病予防、改善」です。

これは、ビタミンEの抗酸化作用によって、細胞の酸化を防ぎます。その結果、動脈硬化の改善をします。

豆腐を食べることで、血液中にある、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血液をキレイにしていきます。その結果、生活習慣病の改善となっていきます。

 

4.美肌効果

「美肌効果」になります。

ビタミンEによって、血液の流れが良くなり、細胞が活性化て、新陳代謝がよくなっていきます。

その結果、肌がキレイになり、ツヤやハリが出てきます。

 

カルシウム

豆腐の効果効能が凄い理由5つ目が、カルシウムです。

カルシウム栄養素は、骨や歯を作ってくれます。

カルシウムは、本来、体への吸収率が低いでのですが、たんぱく質が豆腐などに、含まれているので、吸収率が上がっていきます。

また、カルシウムは、精神の安定にも効果を発揮していきます。

 

スポンサードリンク

豆腐には美肌効果抜群の栄養素がある

そもそも、豆腐の成分は、タンパク質、カルシウム、イソフラボン、ビタミン、マグネシウム、カリウム、亜鉛などが含まれていますが、その中でも、イソフラボンやビタミンが美肌に効果を発揮します。

大豆イソフラボンは、イソフラボンによって、ホルモンバランスが調整され、美肌効果を発揮してくれますし、バストアップにもなります。豆腐の効果効能の凄さが分かるはずです。

 

※豆腐の食べ過ぎは注意が必要です。詳しく書いてます。
→「豆腐の食べ過ぎは太る?1日に食べる適正量と注意点」について記事へのリンク

 

スポンサードリンク

美肌効果を最大限に引き出す豆腐の効果的な食べ方とは?

豆腐は非常に健康的な食品ですが、やはり、より効果的に食べたいものですよね?

ここで、豆腐の良さを、さらに引き出した食べ方を紹介していきます。是非、取り入れてみてください。

そのまま食べる

まずは、豆腐をそのままで食べてみてください。

そのままで食べるのが苦手でしたら、生姜やネギを乗せたり、醤油をかけてみましょう。わさびもオススメです。また、塩とオリーブオイルと一緒に食べるのもいいでしょう。

独創性を入れるなら、キムチや納豆を豆腐に乗せて食べるとというやり方もあります。

卵豆腐やゴマ豆腐もオススメ

卵豆腐には、ビタミンB12がたくさん含まれており、

ヘモグロビンの合成のサポートをしてくれます。また、貧血改善効果も期待できます。

ゴマ豆腐は、アントシアニンやゴマリグナンが含まれており、抗酸化作用の期待ができます。

鍋やスープで食べる

豆腐を鍋やスープの具材として食べると、冷えの改善に効果です。

また、お味噌汁や中華スープ入れても味を楽しめます。

豆腐をミキサーに入れて、豆腐を崩して、コンソメや塩で味をつけてコーンポタージュにしてもいいでしょう。

料理に混ぜる

ハンバーグに混ぜて、豆腐ハンバーグにしても美味しいです。グラタンやサラダに入れても美味しく召し上がることができます。

豆腐はいろんな料理と組み合わせることがしやすいので、ぜひ、やってみてください。

まとめ

豆腐はたくさんの栄養が含まれていて、女性にとっては美肌効果もあります。

ぜひ、豆腐を食べる習慣を作っていきましょう。いろんな食べ方にもチャレンジすることでまた豆腐の深みが分かってきます。

最新情報をチェックしよう!